Twinkle☆Twinkle。。。

可愛いなあと、思った気持ちを伝えられたら・・・そして少しでも、楽しんでもらえますように・・・

ベビイ・ピンク(ジュニームニーキューティー)&小譚詩



画像 7054

花の少ないこの時期ですが、



画像 6993

室内で切花を楽しむのにはいい時期ですね。



画像 6995

室温が低いせい?

暑い季節より花持ちがいいから、長いこと楽しめて



画像 7010
「お得だよね~♪」


うん。

私が買ってくるわけじゃあないんですが。
うちの旦那は花買ってくるのが好きみたい。
私は苗とか、庭植えできるのを選びがちです。


画像 7003

キャロルさん(ジュニームニーキューティ)も機嫌良さそうですね。


画像 7055

淡いピンクのカーネーション


画像 7026

キャロルさんの着ているお洋服と同じ
ベビーピンク



画像 7043

甘い甘いベビーピンク


画像 7033



画像 7069

わたしの砂糖菓子さん

画像 7078

いずれはしおれ、色褪せてしまう花だから




画像 7050

綺麗なうちに撮っておきたいと思いました。

・・・が!

夕方撮影・・・で暗めになっちゃったね。

でも、

画像 7075

ブライスは夕方の方が・・・
なぜか切ない表情をしてくれるような気がします。


画像 7047

夕暮れ時は寂しそう・・・・



画像 7064

でも、そんなお顔も大好きです。



小譚詩:木下牧子 A Short Ballad : KINOSHITA Makiko

「小譚詩」女声合唱とピアノのための『暁と夕の詩』より
(詩:立原道造 曲:木下牧子)演奏:岸信介(指揮)小原孝(ピアノ)/東京ウィメンズ・コーラル・ソ­サエティ/
CD:「木下牧子女声合唱曲選〜悲しみのようにひそかに〜」

小譚詩  立原道造

一人はあかりをつけることが出来た
そのそばで 本をよむのは別の人だつた
しづかな部屋だから 低い声が
それが隅の方にまで よく聞えた(みんなはきいてゐた)
一人はあかりを消すことが出来た
そのそばで 眠るのは別の人だつた
糸紡ぎの女が子守の唄をうたつてきかせた
それが窓の外にまで よく聞えた(みんなはきいてゐた)
幾夜も幾夜もおんなじやうに過ぎて行つた……
風が叫んで 塔の上で 雄鳥が知らせた
——兵士〔ジアツク〕は旗を持て 驢馬は鈴を掻き鳴らせ!
それから 朝が来た ほんたうの朝が来た
また夜が来た また あたらしい夜が来た
その部屋は からつぽに のこされたままだつた



画像 7037

冬の夜

静かに過ごせる平和なひと時がありがたいなあと思いつつ・・・

今回もトリアーエズ
以上・・・・
でっす。

「ピンク似あう?」
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村めっちゃ似あってるよ~♪
いつもありがとです
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム