Twinkle☆Twinkle。。。

可愛いなあと、思った気持ちを伝えられたら・・・そして少しでも、楽しんでもらえますように・・・

ソフィヤ・セミョーノヴナ・マルメラードワ(マトリョーシカメイデン)

前回、ソニア・リキエルのお皿を紹介していただいた
ソーニャさん(マトリョーシカメイデン)ですが・・・
ソーニャ
ソーニャさんの名前はソニア・リキエルのソニアからいただいたのではなくって

ドフトエーフスキー
こちらの世界名作からいただきました。
うっひゃあ、ドフトエーフスキイ・・・

美しいブロンド
「罪と罰」
ソフィヤ・セミョーノヴナ・マルメラードワ
青白いおびえたような顔
すばらしい青い目をした、かなり美しいブロンド。

ああ、マトリョーシカメイデンさんのブルーアイやブロンドが
ちょうどこんな感じかな?と思いまして。

コミック
手塚治虫さんや大島弓子さんのコミック
懐かしい・・・・

ロジオン・ロマーヌイチ・ラスコーリニコフ
本当はつらい話を読むのは苦手なのですが・・・
コミックは
大島さんの幸せの記憶があふれる世界や
手塚さんのコミカルなアレンジのおかげで読みやすかったです。

大島さんのあっさりしたタッチに、大矢ちきさんのお手伝いのこってり風味の絵柄も
ロシアが舞台の「罪と罰」には良くあってると(今から思えば贅沢な時代でしたね)思います。

饒舌
原作はコミック以上に細部がくわしくって・・・なかなかツライ
ソーニャは天使です。
あと、みんな良くしゃべる(シェークスピアか!)

大島さんのコミックも賑やかだけど
登場人物が饒舌で・・・(お芝居だとセリフ大変だろうな)

ポルさま・・・
久しぶりに読み返して
ポルフィーリィってこんなにすてきだったっけ?(大島さんのです)
と、10代の頃の嗜好との違いを思ったり・・・

もうこんな作品を書かれることはないのかなと残念だったり
(でも、既にたくさんの素晴らしい作品を書いてくださってることに感謝!)

てなわけで
・・・ってなわけで(どんなわけ?)
うちのマトリョーシカメイデンさんは
ソーニャさん(ソフィヤ・セミョーノヴナ・マルメラードワ長いわ!)なのでした~


・以下ネタバレ?になるのかな


エピローグ
@シベリア

流刑になったラスコーリニコフに付き従い
シベリアで暮らすソーニャさんです。

しばれるべー
「しばれるべー」

-50度
「今日も氷点下50度の世界だっぺ」

・・・・それはそれは・・・・
大変ですね・・・

オイミャコン地区
「シベリアのオイミャコン地区ではマイナス71度を記録したことがあります」
by米原万里さん

あれですか?
凍ったバナナで釘が打てるっていうやつ

そうですよ
今年は良く雪が降るなーと思ってたけど・・・
それに比べれば、生ぬるい!
ってゆーかなまあったかかったんですね~

いつか・・・
厳しい冬・・・・
紅茶にジャム入れて飲むのも納得です。


でも・・・
「でも・・・・」

でもいつか・・・
「でも、いつか・・・」

きっと・・・
「必ず・・・・」

必ず!
「春はやってくるでしょう!」

・・・・なんか女優?なソーニャさんでした~

そして、毎回毎回・・・・
やはり今日も・・・(閲覧ご注意です)






白樺
撮影に積極的参加なきなちゃんでした!
うん、きなちゃんは白樺って見たことないよね
これからも見ることないだろうし、いいよ、見ても。

・・・・そこから、どいてくれさえしたらね?

以上!・・・でっす。

にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
よろしかったら、クリックしていただけるとうれしいです。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム